フライフィッシングは独学で出来ますか?

2014年12月2日

フライフィッシングって何となく、難しい感じがしますよね。
私も最初はそう思っていました。そして、始めるのにも自分には本当にできるのか躊躇した口です。

実際、始めてみるとこれまた簡単ではなかった…。

スポンサーリンク

独学でフライフィッシングは出来るか?

さて、タイトルのとおり、独学でフライフィッシングが出来るのかどうかをここでは見ていきましょう。

日本人って基本真面目ですよね。
なので、少し物事を難しく考える癖があるように思います。

そういう私もそのひとりだったりします。
私は、それに輪を掛けてネガティブ思考であったり(汗)

DVDなどを見ての練習

話しを元に戻しますが…。
独学でフライフィッシングができるのかどうか?

これに関しては、個人的にはセンスがある人ならば、1時間も練習すればキャスティングも出来て管理釣り場であれば釣れる段階まで行けると思います。
今は、キャスティングにしてもタイイング、そして釣り方などに関してもDVDがたくさん出ています

私が始めた頃にも、すでに結構な数が出ていましたので、購入しまくりましたね(汗)そして、なんべんもなんべんも繰り返し見ました。

キャスティングに関しても、それこそすり切れるまで何度も見ました。そしてエアーキャスティングを繰り返しましたね^^

あるビデオで、ロッドのバット部分(2本繋ぎならば1本目)の先に、フライラインの代わりにタオルを巻いて重さを感じれば、テレビを観ながらでも練習が出来る。

なんてことを言っていたので、それを真似て家の中で練習をしていたのを思い出します。

ティップだけでの練習もしていましたね。
フライラインにきちんとリーダーを付けてラインを3メートルほど出して、2部屋を使いループ作りの練習をしました。

バットよりもティップ部分の方が私はやりやすかったです。

なにぶんにも私はシャイなので、公園などの外でラインを出して練習をするのが恥ずかしかったんですね。
笑われる気がして(-_-;)

家の中では結構いい感じで練習が出来ていたように思います。
ただ、それで上手になったのかどうかと言えば…。

まあ釣ることはできているので間違ってはいなかったと思います。最初はライントラブルが非常に多かったですけどね。

ライントラブルで一番多かったのが、テーリングですね。
これは、リーダーにウインド・ノット(結び目)が出来たりするんですね。パチッと音がします。そして、切れてしまうことが多いです。切れると言うことは…。そうなんです。フライがどこかへ行ってしまうんです(汗)

まあ要するに基本のキャスティングがしっかりと出来ていないからなんですけれどね。私も今ではほとんどなくなりましたが、まだたまにあります。でもフライフィッシングを始めた頃と比べたら、本当にライントラブルは、テーリングも含め少なくなりました。

道具を使っての練習

今は、キャスティング練習用に室内練習用の器具も売っています。
昔は、ヤーンロッドという商品が主流だったのですが、いまはこんなに良いものがでているのですね。

こんな感じのものです。

室内でも、ある程度の天井の高さがあれば、本格的なトレーニングができそうです。
リールこそ付いていませんが、WFのフライラインが付いています。

そこそこ、重量感もあって、良い感じです。

私は、当時こんな商品があることすら知らなく…。いや、なかったので…。マイロッドのティップ部分を使って練習していました。いつロッドを折っても不思議じゃなかったです(汗)

今は、本当に良い時代になりましたね。練習用の器具があったり、沢山のイメージが出来るDVDや動画があったりしますから。

後は、手首に着けてリストが開かないようにするためのものなんですが。
今(2021年4月12日)確認したところ、Amazonにも楽天にも見当たりませんでした。

つい最近まであったのですが…。
また、出てきたら改めてご紹介させていただきますね。

これを使うと、長時間キャスティングをしても手首にかかる負担が少しでも軽減されると思いますし、自分がいま、ちゃんとしたキャスティングが出来ているのかを確かめることもできると思います。

なので練習用にもなりますし、長時間の実釣にも使えるものだと思います。

後は、スマホやビデオで自分のキャスティング姿を誰かに撮ってもらうとか、三脚などを使って自撮りで、自分がキャスティングしている時のループを確認をするなどもひとつの手ですよ。

そして、普段見ているDVDや動画などと、自分のキャスティングがどう違っているのかを研究していけば、間違いなく上手になると思います。そして、たまにそれを上級者の人に見て貰って悪いところを指摘してもらう。それだけでも、私は独学に近い形でも、やっていけると思いますね。

ただ、本当の意味で自分が綺麗なキャスティングが出来ているのかは、わからない部分があります。例えば、力の入れるタイミングとか箇所ですね。ダブルホールなんかでも自分では出来ていると思っていても、実際には出来ていない人も結構多いです。私もその1人に入るかも知れません。

そういった意味では、独学には限界があるのも事実です。

ですので、機会があればキャスティングスクールやフライフィッシングスクールに行ってみてはいかがでしょうか?

出来れば、あまり悪い癖の付いていないうちに行くのが理想だと思います。また、スクールに行くのであれば、何を学びたいのか、自分がどうなりたいのかを明確にしてから行くことをお勧めします。

また一度きりだけではなく、何度か定期的に通われると確実に上達すると思います。そして、後はイメージトレーニングだけでも毎日行うことで相当違ってくることは間違いないでしょうね。

イメージトレーニングは、寝ている間にも出来ますから^^
そして、寝る前には、必ずキャスティングのDVDやフライフィッシングのDVDを見るなどと言うことをすれば、必ず上手になるでしょう。

シーズンオフには、イメージトレーニングとキャスティング練習あるのみです!

あっ!
それとフライを巻き溜めるですね^^

私もフライを巻かなければ、いけません(汗)
釣れるフライの調査もしなければ…。

スポンサーリンク