タックル

スポンサーリンク
タックル

フライフィッシングセットに子供用ってあるの?

もう3月も後半に入りました。時間がたつのは早いですね。渓流もほとんどのところが解禁になりました。あなたは、もうファーストフィッシュ釣られましたか^^ フライフィッシングをお子さんと一緒にやってみたいという人も多いでしょうね。反対もありでしょうか?お父さんやお母さんのフライフィッシング姿を見て、かっこいいから、自分もやってみたいと思うお子さんが多いのかもしれませんね…。
タックル

フライフィッシングで使うフライラインってどんな構造?

冬場は、ワカサギ釣りに関しての記事が多かったですし、最近フライフィッシングから、ちょっと遠ざかっていたような気がします。このブログは、一応、初心者のためのフライフィッシングのサイトなので、また、少し方向修正をしていきたいと思います。今日は、フライラインに関して簡単に書いてみようかと…。
タックル

にしきたトレーディングさんからフライ用のリールが届いた

当ブログの公式スポンサーである、にしきたトレーディングさんから先日フライフィッシング用のリールが届きました^^リールの入っている箱を開けてケースから取り出した瞬間、私、このリールに一目惚れでした!すごくデザインが気に入りました。どこかオールドテイストではあるものの、古くささを感じさせないリール。そして、にしきたトレーディングさんのホームページに書かれているように、リールのクリック音がすこぶる心地よいです。
タックル

フライフィッシングで使う道具は入門セットで!

フライフィッシングで使う道具って、たくさんあって何から揃えて良いのかもわからないなんてこと無いですか?私は、始めたばかりの頃、何も分からなかったので、フライフィッシング、フライタイイング共に入門セットを購入しました。当時は、それが良いものだと信じていましたし…。それに先ずは、体験が先と思って、安価なものを求めていました。
タックル

北海道でのフライフィッシングのタックルはどうする?

北海道と言えば、「でっかいどぉ~、ほっかいどぉ~」ですね。フライフィッシングで対象となる魚も大きなものが掛かることも多いです。レインボーで、管理釣り場じゃないですよ!普通の河川で50センチ超えのものが釣れることもあります。そして幻の魚80センチを優に超えるイトウも…。渓流で釣れるヤマメは、そんなに大きくはないかもしれません。
タックル

フライフィッシング入門で最初に揃える道具は?

最近、またフライフィッシングを始めようと思っている方が少しずつ増えているような気がします。フライフィッシングを、初めてやってみようかなと言う方のために、少しだけ書いてみようかと思います。何を最初に揃えれば良いのか?そこが一番気になるところでは、ないでしょうか?
タックル

サージョンズノットの結び方!実に簡単!?

フライフィッシングには、さまざまな結び方があります。このサージョンズノットもそのひとつです。サージョンズノットとは、どんな結び方なのか…。どんな場面で使われるのか…。簡単に見ていきましょう。
タックル

クリンチノットの結び方はこれ!強度はこうする!

クリンチノットもよく使われる結び方ですね。これもぜひ、覚えておくべき結び方です。このクリンチノットも応用範囲の広い釣りでは必須の結び方です。フライフィッシングだけでなく、ルアーや餌釣りでも使われる結び方の1つですね。強度的に弱いと言われていますが、そこはダブルクリンチノットにしておけば、何も問題ありません。
タックル

ユニノットの結び方のコツと強度!そして動画はこれ!

フライフィッシング初心者が覚えておく入門ノットはこれ!で紹介しているにも関わらず、このユニノットに関しても説明が全くなかったですね。ユニノットとクリンチノットを先に書くべきでしたね。前述した記事でもこの2種類を絶対に覚えるべきと書いていながら、全く説明無し…。大変失礼しました。では、このユニノットの結び方に関して簡単に見ていきましょう。
タックル

オルブライトノットの結び方はこれ!強度は大丈夫?

フライフィッシングで使うノットに、オルブライトノットという結び方があります。これは、フライラインとバッキングラインを結ぶときに使う結び方です。強度的に問題があるなどと言われますが、正しく結ばれていれば強度も問題ないです。よくすっぽ抜けると言った話しも聞きますが、そんな場合はきちんと結べていないのではないかなと思います。
スポンサーリンク
error: Content is protected !!