初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

フライフィッシングで必要なアクセサリーとツールその他

calendar

reload

フライフィッシングで必要なアクセサリーとツールその他

フライフィッシングで必要なアクセサリーとツールはこれ!で必須および準必須のツールとアクセサリーをご紹介させて頂きました。

ここでは、必須や準必須ではありませんが、その他にもあれば、便利なツールを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

その他のツール10種類

その他のツール、アクセサリー類は、約10種類あります。それらを簡単にご紹介させて頂きますね。

インジケーター(マーカー)

インジケーターは、と言うよりもマーカーと言った方が一般的かも知れませんね。

これは、主にニンフ・フィッシングで使用するものなんですが、目印と浮きの役目を兼ね合わせたモノなんですね。両面テープ型の固定式のモノと中通し型で可動式のモノ、そして繊維系やパテ状タイプのものがあります。

ウエイト(シンカー)

オモリのことで、これも主にニンフ・フィッシングで使われます。

スプリットショットと呼ばれるものがよく使われます。これも噛みつぶしと言った方が分かり易いかもしれませんね。中開き状のものでここにティペットを挟んで、両側から押さえて固定します。そして噛むとより固定度が高まります。まあ噛む事で噛みつぶしと呼ばれる所以なんですが…。鉛なので鉛害が心配ですね。

他にも粘土状のもの、板状のものなどがあります。お勧めなのは、量も重さも自由に決められる、粘土状のものが良いかと思います。

シンク剤

フロータント剤と似ているのですが、こちらは、逆にフライとかリーダーやティペットを沈めるために使うものです。

ペースト状やジェル状、一緒かな?のものが一般的です。これもニンフ用のツールになります。

ストマック・ポンプ

魚の胃の内容物を確認するためのものです。別の言い方をすれば、スポイトです。小さな丸いトレイと一緒に売られています。

釣り上げた魚が何を補食しているのか、このストマック・ポンプで胃の内容物を吸い出して、確認すれば分かるので、その日その時のヒットフライのヒントにもなりますね。

使い方は、ポンプの中に先に水を吸い込んでおいて、そのまま魚の口から胃袋へチューブを挿入し、水を送り込みます。そして、送り込んだ水を胃の内容物と一緒に吸い取ると言った感じです。

でも20センチ以下の魚にはやらないようにしましょう。相当ダメージが強いですから…(汗)なにせ、掃除機のホースを口の中に突っ込まれているようなものです。

やるときには、迅速にそしてあまり奥まで突っ込まないように…。
そして、すぐに解放してあげてくださいね。

インセクト・ネット

これは、流下する水生昆虫を捕獲収集するためのネットですね。本格的な大型のネットタイプ。小型の携帯用。ランディングネットに被せて使うタイプ、手ですくう野球のグローブタイプとあります。

これは、私はあまり携帯していません。たまに持っていく位です。

メジャー

巻き尺ですね。何をするのかと言うと、釣れた魚の大きさを測るものです。1~1.5メートルのコンパクトなものが一般的です。

リーダー・ストレーナー

これは、リーダーの巻き癖を取るためのものです。シーズン中に使っている時などは、巻き癖が付いていないので、あまり出番はないのですが…、いや結構リールに巻いているだけでも癖が付いていることも多かったりします。特に新しくリーダーを交換したりした時には、重宝しますね。

でも、ストレーナーがなくても両手で両側から引っ張ってやれば、結構巻く癖は取れます。でもあれば、確実で便利ですね。

sponsored link

替えフェルト

釣り用のブーツとか、シューズ専用の貼り替え用のフェルトです。フェルト底は、相当消耗します。消耗してすり減ると、本来の機能を発揮しなくなって、滑りやすくなってしまいます。そうすると危険ですので、定期的に貼り替える必要があるんです。

この貼り替え作業も結構大変だったりします。だから、ほとんどの方は減ったフェルトの上に、新しいフェルトを貼る感じかと思います。私もその口です。何せめんどくさがりなもので…。

ウエーディング・スタック

水量や水深のある川の渡渉時にあると何かと助かります。まあ私は以前にも言いましたが、あまり水深のある怖いところには、近づかないので使うことも少ないですが…。

あっ!これ、杖のことです。
折りたたみ式になっていて、20センチ前後にコンパクトに畳めます。
普通の渓流ではほとんど使う機会がありませんが、大河川で釣りをされる場合には、お持ちになると便利かと思います。

リペア・キット

ウエーダーなどの補修用のツールです。ツールと言っても、穴を補修するボンドのようなものですね。アクアシールとして売られています。藪などを漕いだときに穴が空いたりすることがあります。そんな万が一のために、常に常備しておきたいものでもあります。

上記に挙げたものが一応、ツールやアクセサリーのその他あった方が良いものです。

ですが、他にも持っていて便利なものがあったりします。

簡単に、名前だけ挙げておきますね。

  • レイン・ギア(雨具)
  • 虫除け剤(液状のものが良いです)
  • 救急用品(バンドエイドなど)
  • ティッシュペーパー
  • ナイフ(アーミーナイフ)
  • ピンセット
  • ゴミ袋
  • バンダナまたは、タオル
  • 携帯灰皿(喫煙者には必須ですね)
  • ライター

これらも一応、持っていくと良いかなと思います。
必須、準必須を含め結構、ツールやアクセサリー数が多いですよね。だからこそ、フライフィッシング専用のフライベストが必要になったりします。

以上、参考になれば幸いです。

この記事をシェアする