初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

函館熱帯植物園のサル山で小ザルがダイブ!

calendar

reload

函館熱帯植物園のサル山で小ザルがダイブ!

いつからか、観光名所のひとつになった函館の熱帯植物園。
ご存じの人も多いのでしょうか?

函館熱帯植物園のサル山。
今日は、そのサル山をちょっとだけご紹介^^

スポンサーリンク

函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園
所在地:〒042-0932
    函館市湯川町3-1-15
TEL:0138-57-7833
開園時間:4月~10月 9:30~18:00
     11月~3月 9:30~16:30
休園日:12月29日~1月1日
入園料:小中学生 100円
    一般 300円
    20名以上の団体割引あり(2割引)
    ※小学校就学前は無料、函館市内の学校に在学、または函館市内在住でし甲斐の学校に在学する生徒・児童は無料
駐車場料金:無料

サル山

この函館市熱帯植物園は、植物園という名でありながら、実はサル山が有名だったりします。

そのサル山が有名な理由は、これ!

見ました!?
ちょっと短いですが、なんと!
小ザルがあんな高いところから、温泉めがけてダイビング!!
すごいですね^^

って、この小ザルが有名な理由ではなくて、サルたちが温泉に浸かっている姿ですね。

sponsored link

この小ザル、たぶん気持ち良くて堪らなかったんでしょうね。
でも、あんな高いところから飛び込んで怪我をしないのでしょうか?
小ザルだけではなく、他の大人のサルたちも飛び込んでいるようです…。

そして、そんな行為は、ボスザルも容認なんでしょうねぇ~。

そしてそして、サルたちの気持ち良さげなこと^^
こちらまで一緒に温泉に入りたくなっちゃいます。

現在では、92匹のサルたちが、このサル山で元気に、和気藹々とまでは行かないようですが、風呂の中で毛づくろいをしたり、まどろんだりと、毎日を過ごしています。

ここは、もちろん、温泉街の一角にある函館熱帯植物園でのお話しですから、敷地内の泉源からサル専用の温泉のお湯を引いているので、湯加減も41度といい感じみたいですよ^^

人間でもちょうど良い感じですね~~

猿と一緒に入ってみたいと思うのは、私だけでしょうか…。