初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

九頭竜川でサクラマス解禁2016!笑っちゃうほど爆釣?

calendar

reload

九頭竜川でサクラマス解禁2016!笑っちゃうほど爆釣?

イトウと共に、幻の魚と呼ばれている魚、それがサクラマスですね。
九頭竜川のサクラマス釣りが解禁になりましたね

今季は、なんと!
初日の午前中に16匹の釣果があったのだとか…。

スゴイ!!
の一言ですね。

こんな事って、滅多にないのでは?

10年通っても、一匹すら揚げたことがない人がいる中、この日は通い始めたばかりという人にも釣れたんだとか…。
釣りって、本当に分かりませんね。

スポンサーリンク

サクラマスの聖地、福井県九頭竜川で2月1日解禁

九頭竜川で解禁になった区間は、約10キロ
福井県の高屋橋~北陸自動車道までの区間です

2月1日の初日は、約215名の釣り人で賑わっていたようですね。
10キロの区間を、たぶん対岸通して、横一列に215人のアングラーが並んでいたんですよね。

想像するだけで、ワクワク、ドキドキ。

本当にサクラマスを釣るのは、難しいらしいです。
でも、ここは、サクラマスの聖地「九頭竜川」

何年も通い続けても、その姿すら見ることが出来ない人も数多くいる川でもあります。

そう言えば、九頭竜川のサクラマスに魅せられて、移住した方もいらっしゃいましたね。

それだけ、サクラマスって超魅力的な魚なんですね。
私も一度は、お目に掛かりたい。
サクラマス60センチ…。

九頭竜川サクラマス釣果情報

2月1日(月)
釣果は、51.5センチ1.4キロを筆頭に、64.5センチ3.1キロまで26匹ほど揚がったようです。(確認できている魚体のみ)たぶん、確認できていないものを含めると、これ以上の数が揚がっているのではと思います。

凄いですね。
20匹超え…。

こんな年は、滅多にないのだとか…

釣れている場所は、なんとなく、定まっていますね。
九頭竜橋上流右岸・左岸、福井大橋上流・下流、高屋橋上流右岸、天池橋上流右岸、中角橋下流左岸、えち鉄下流左岸、JR上・下流右岸、福松大橋下流左岸etc.

2月2日(火)
この日の釣果は、前日には及ばず、6匹だったようです。
前日が釣れすぎたのか、一桁台に収まったようですね。
これも確認が取れているもののみ。

また、次の流れがやってくれば、同じような展開になるかもですね。
あくまで、かも、ですが…。

sponsored link

九頭竜川サクラマス入漁料など

肝心の入漁料のお知らせをするのを忘れていました。

入漁料:年券 6,000円
    日券 1,500円
※小中学生は、無料です。
※年券購入の際は、顔写真が必要です。
 縦4センチ×横3センチ(上半身無帽)で最近6ヶ月以内に撮影したもの1枚。

解禁期間:2月1日~5月31日(高島橋上流~北陸自動車道)
     2月16日~5月31日(高島橋下流、北陸自動車道上流含む九頭竜川中部)
     2月16日~9月30日(いわな・やまめ)
※三国河口~布施田橋、北陸自動車道より上流各支川永平寺ほかが、2月16日~9月30日までのいわな・やまめの解禁になります。

詳しくは、下図の魚種のエリアと遊漁期間を参照してください。

九頭竜川 サクラマス 解禁
転載元:九頭竜川中部漁業協同組合

2015年度の内容は、こちらの九頭竜川でサクラマス釣り2015解禁!を参考にしてみてくださいね。

独り言

本当に月日の経つのって早いですね。
もうすでに2月になりました。

昨年は、なんだかあっという間の日々でした。

今年は、そうならないように、きちんと計画に沿ってやっていきたいものだなと思っています。

計画倒れ…。
自分の中での課題です。

毎年、後悔している感じなので、今年こそは、変わろう。
そう改めて、計画を見つめ直しています。

「人間って、どうしても楽な方に行きたがるものです。
そして、現状の状況から変わりたくない。」

自己啓発系の本を読むと、そう書いてありました。

そっか、自分だけじゃなかったんだ…。
と、安堵しました。

だから、駄目なんですよね…。

今年こそは、頑張ります。

と、本当に独り言でした。