初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

サホロ湖ワカサギ釣り2016解禁!今年の釣果は!?

calendar

reload

サホロ湖ワカサギ釣り2016解禁!今年の釣果は!?

今年もサホロ湖ワカサギ釣りが解禁になりましたね。
2016年1月10日(日)~2月29日(月)までの期間です。

ただ、これはあくまでも予定です。
氷の状態により早く終了したり、延びたりすることもあります。

今年の天候もなんだか、難しい天候ですね。

2015年度のサホロ湖のワカサギ釣りに関しては、こちらのサホロ湖ワカサギ釣り2015解禁を参照してみてくださいね。

スポンサーリンク

サホロ湖のワカサギ釣りが2016年も解禁になりました

1月10日(日)~でした。
ちょっと書くの遅いですよね(汗)

一応、期間は先に書いた通り1月10日(日)~2月29日(月)までとなっています。

遊漁料は、1日券が 500円 シーズン券が 4,000円です
遊漁時間は、午前7時から午後5時までになってます

遊漁券の取扱場所は、新得町役場の産業課観光係にて、1月8日(金)から午前8時30分から午後5時15分の時間帯に販売しています。なお、お役所なので平日のみです。
名称:新得町役場(産業課観光係)
所在地:〒081-8501
    北海道上川郡新得町3条南4丁目26番地
TEL:0156-64-0525(産業課)
FAX:0156-64-3450(産業課)
Email:kouhou@town.shintoku.hokkaido.jp
MAP:
こちらが役所の地図です。


こちらは、サホロ湖の地図になります。

新得町役場以外では、サホロ湖で直接購入することも出来ます
1月10日(日)から漁場管理人さんが湖を巡回していますので、漁場管理人さんから直接購入してくださいね。

ワカサギ釣りをする上での注意事項

最近、釣り人のマナーが悪く警察まで出動なんて話もありましたね
それに、悲しいですが、釣り人が亡くなるようなケースも…。

楽しい釣りに行って、家族を悲しませてはいけません。
楽しく釣るためにも、最低限のマナーだけは守りましょう。

では、注意事項を

  • ゴミは必ず持ち帰りましょう
  • 遊漁券は、必ず携帯し、見えるところに付けておきましょう
  • 車両進入禁止区域は、とても危険です。絶対に車を乗り入れないようにしましょう
  • 遊漁券を持たずに釣りをすると遊漁料の5倍相当の過料が科せられますので、必ず遊漁券を購入しましょう。
  • 遊漁禁止区域には、入らないようにしましょう。ダム堰堤から上流の流木止め施設の区域。
  • 安全対策など漁場を管理する上で、禁止期間、また禁止区域を設定される場合がありますので、必ず守りましょう
  • スノーモービルの乗り入れは、漁場管理人さん以外禁止です。
  • 路上駐車は、他の車の往来の妨げになりますので厳禁です。

上記のどれもが、当たり前の事だと思います。
ぜひ、大人として遵守しましょう。

sponsored link

サホロ湖ワカサギ釣り体験

こちらは、有料のプログラムです。

TOM 十勝アウトドアメイツと言う、夏のイベントや冬のイベントをいろいろとされているところですね。

でも、金額的には、非常に良心的じゃないでしょうか^^

名称:氷上ワカサギ釣り体験
釣場:サホロ湖
期間:2016年1月11日(月)~2月28日(日)
時間:AM9:00~PM12:00
集合:AM8:45にサホロ湖駐車場(新得町内のみ2名様から送迎あります)
料金:大人 4,000円(16歳以上・税別)
   子供 3,000円(15歳以下・税別)
催行人数:2名様以上
連絡先:090-2054-7489
    0156-65-2411(TEL・FAX)
    北海道上川郡新得町字屈足基線240番地

完全予約制になります。道具レンタル・遊漁料・ガイド料込みで、ワカサギの唐揚げサービスもあります。
※服装に関しては、スキーウエアなどの暖かい服装をされていった方が良いかと思います。こちらでは、ズボンや長靴などのレンタルはありませんので、ご注意ください。

このお値段、しのつ湖かなやま湖茨戸川に比べても少しお安いかもです。
初めての方や、旅行者の方にとっては、うれしいプログラムですね。

独り言

冒頭でも書きましたが、変な天候が続いてますね。

ここ数日、私の住んでいるところは、晴れていたのですが…。
違う地域では、大荒れで交通網が遮断されていた場所などもありました。
そのため、その区域が完全孤立という状況です。

もう、復旧したのでしょうか?

そして、奄美大島では、115年ぶりに雪が降ったそうですね。
ホントにビックリです。
見慣れない雪に、子供達は喜んでいたでしょうね。

でも、喜んでは、いられない地域も多かったです。
東北などでは、この雪で屋根の雪下ろしをされていた方が雪と一緒に落下して亡くなる事故も起きています。

雪の降る地方では、必ずと言って良いほど起きる事故。
なんとか防いで行きたいですね。

雪下ろしなどをされるときは、十分気をつけてくださいね。
もちろん、氷上ワカサギ釣りをするときにも。

この天候、日本だけじゃなかったようですね。
海外でもアジア圏はもちろん、アメリカのニューヨークなどでも大雪で大変だったらしいです。

今後、世界はどうなっていくのでしょう?
ちょっとだけ、未来の心配をしてしまいました。