初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

ゴンズイ玉とは?毒で死ぬことも!

calendar

今日は、ちょっと先日TV番組でやっていた事を…。

このブログでも前に書きましたけど、「ダーウインが来た」という番組ですね。
たまにお魚さんの事もやります。

以前は、ヨーロッパ大ナマズの事を書かせていただきました。
そうあのバカでかいナマズです。

人間よりも大きなのがたくさんいるんですから…。
私は、釣りとはいえ、そんなに大きな魚は釣りたいとは思わないかも…。

すごいグロテスクですもんね…。

でも、マグロなら釣ってみたいかも^^

スポンサーリンク

ゴンズイ玉

実は、このゴンズイと言う魚、実は毒魚なんですね。
胸びれと背びれの根元に、それぞれ猛毒のトゲを持っていたりします

刺されると、その人の体質などによっては、死に至るような事もあるので十分注意が必要ですね
この魚、結構かかるみたいです。

釣り人からは、やっかい者と思われているようです。

渓流のフライフィッシングをやる人間からすれば、ウグイのような存在でしょうかね。
まあウグイには、毒はありませんが…。

でも、ゴンズイを釣ったって人には、まだ会ったことがありません。

おっと、ゴンズイ玉でしたね(汗)

ゴンズイ玉とは?

ゴンズイ玉とは?
どのようなものを言うのでしょう?

このゴンズイ玉は、ゴンズイの特性にあるんですが…
ゴンズイが幼魚の時代に塊となって泳ぐ姿が見られますが、その姿の事をゴンズイ玉と呼ばれています

このゴンズイ玉は、状況によって変幻自在な形に変化させます

「竜巻型」「ローラー型」「妖怪型」などなどです。
天敵に狙われたときは、またその形を大きく変えます。

魚が塊となって泳ぐものは、結構あると思うのですが…。
有名なところでは、イワシなどでしょうか?

イワシを追って、鯨(くじら)や鰹(かつお)、マグロ、アジなどがやってきます。
まあ、またそれを狙って釣り人がやってくるのですけどね^^

一般の釣り人が鯨を釣り上げることはないですけど…。
捕鯨問題とかもありますからね…

sponsored link

で、ゴンズイ玉の件でしたね(汗)

ゴンズイは、群れをなして日々過ごしているわけですが、この群れ、実はすべて同じ親から生まれたゴンズイなんですね。

試しに、2つのゴンズイの群れを一つにしたところ…。

一瞬一つには、まとまるんですが、すぐに群れの輪が乱れてバラバラになりました

そして、ほんの少しの時間、バラバラになって泳いでいたのですが、また二つの群れに戻りました。なぜ、同じ群れに戻れるのか…。

それは、匂いと言うかフェロモンと言うか、それを察知しているからなんだとか…。
だから、別の群れに入れられると、不快な感じを受けるんでしょうね。

人間にも、それは、ありますよね。
「同じ香りがする」とか言うじゃないですか^^

あれと同じような感じかと思います。

魚の嗅覚と言えば、サメが有名ですよね。
サメと言えば、ジョーズ…。

と言うのが、私の印象ですが、あなたは?

そして、ゴンズイと言えば、食事の時に見せる、あの独特の動き
それがゴンズイ玉

食事をしているときに、群れ全体が海底を転がっていくように、砂を巻き上げて前進して行く、と言うよりも行進と言った方が合っているかもしれません

きれいです。
芸術作品のような、そんな動きをしていますね。

群れが一糸乱れぬ動きをしています。
そして、それが、天敵が近づいたとき、また動きを変えます。

時には、竜巻になったり、妖怪になったり…。

見ていると圧巻ですよ。

そんな動きが出来るのも、群れのみんなが兄弟だからですね。
だからこそ、同じ大きさ、そして動きができるんですね。

でも、大人になるまでに、この群れがどんどん小さくなって行くんですね。
小さな頃は、毒性もそんなに強くはないので、天敵になる魚たちもそれを良く知っているようで、標的になってしまうようです

だから、大人になる頃には、10尾くらいにまで減るらしいです。
これも、その群れによって違うのでしょうね。

一言

今日は、一言。

動物に関してのドキュメンタリーなどを見ると、すごく感じるのが家族の絆
そして、自立

なんとなく、動物の方が絆が強いし、自立心が強いのでは…?
と思ったりしてます。

まあ、親子であっても食べちゃう種族もいますが…。

そして、自立が出来なければ、死に至ることも
と言うよりも、自立をしていたとしても動物世界では、毎日が生死の境なんてことも多いと思います。

人間世界でも、もちろん、お父さんやお母さんが、子供たち、そしてお爺ちゃんやお婆ちゃんのために、必死で働いてますよね。

当然、自立もしているでしょう。

でも、その反対に自立がいつまでも出来ない、そんな大人もいたりします。
私は、どちらでしょう。

もしかすると、ある意味、未だに自立が出来ていない人間かもしれません。

まあ年老いた父や母に迷惑は、かけていないとは思いますが…。

これから親孝行します。