初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

フライフィッシング釣行記北海道道央編!

calendar

reload

フライフィッシング釣行記北海道道央編!

釣行記と言ってもそんな大それたものではありません。
ラインのテストを兼ねて近場の渓流に釣りに行ってきただけですから(汗)

北海道道北の富良野にほど近い、渓流です。
なかなか良い渓相でしたよ。

道央編とか付けてると、道東や道南、道北などもありそうですが…。
たぶん、道央か道北だけで今年は終了するかと思います(汗)

釣りに関しては、写真がなかなか撮れなかったので、あまり参考にならないかもですが…。

スポンサーリンク

フライフィッシングでの釣行記2015年7月

場所は、富良野にほど近い渓流。
昨年も行ったのですが、今年はちょっと入るのが遅かった感じです。

解禁すぐに行ければ良かったのですが…。

残っていたのは、やはり新子ばかりでしたね。
これは、秋まで我慢ですね。

でも、新子も釣られて持ち去られるんでしょうね。

そんなことを考えながら釣りをしているとなんだか、寂しくなっちゃいました。
ゴミとかも結構、ありましたね。

餌のブドウ虫が入っていたと思われる空き箱。
ペットボトル。
銀紙。
袋。
ハリスの袋。

もちろん回収してきました。

一級のポイントからヤマメが出ない

結構、難しかった釣りになりましたね。
なかなか出てくれませんでした。

特に一級と思われるポイントから、ヤマメが出ないんですよ。
ヤマメの川のはずなんですが…。

まあ、下手だからと言われるとそれまでなんですけどね…。

keiryuu

ドライで釣り下がったのですが、出なかったですね。
釣り上がりが基本ですが、今回は釣り下がりました。

でも、少しくらいは、遊んでくれるのではと思って期待したのですが…、思惑が外れてがっかりな気分で帰宅しました。

坊主にならなかっただけ良しとしましたが…。

釣れたのは、新子を含め6匹でした。
釣行時間は、約2時間。
釣れた中で、最高に大きかったものでも20センチにも満たないニジマスでした。

新子は、写真にも納めず、すぐに針を外して逃がしました。
また大きくなって遊んで欲しいですね。

yamame

先日釣行した、里川でもそうだったのですが、一級ポイントで魚が出ないんですよ。
私が一級と思っているだけなのか…。

sponsored link

今回の当たりフライは定番のメイフライ

今回の当たりフライは、エルクヘア・カディスじゃなかった。

エルクヘア・カディスには、全然出てくれなかったですね。
私の技術が伴っていないのか(汗)

当たりフライは、メイフライパラシュートでした。
色は、白。

なんだか、この日は白が良かったようです。

でも、2時間で6匹って少なすぎですよね。
こんなにヤマメが少ない川になってしまったのでしょうか?

去年は、もうちょっと釣れたのに…。

まあ時期や時間によるものもあるので、一概に比較は出来ませんが…。
それにしても少なすぎです。

他の渓流にも行こうかと思ったのですが、ちょっと時間の関係で無理でした。

アイにティペットを通すのに時間が…

相当目が悪くなっているのでしょうね。
ただの老眼だよと言われれば、それまでなんですが(汗)

今回は、本当にアイにティペットを通すのに苦労しました。
途中イライラがMAXになってフライを投げつけたくなりましたもの。

一応、メガネは遠近両用なんですけどね。
まあこのメガネも作ったのが、もう何年も前になりますので、焦点も合っていないと言うのもありますけど。

それにしても、こんなにティペットを通すのが難しいのかと、この先の課題になりましたね。

何か便利なツールはないのでしょうか?
ん?

たしかどこかで見たような…。
後で探してみましょう。

もう、7月も半ばに入りましたね。
北海道の短い夏、目一杯楽しみましょうかね!!

この記事をシェアする