初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

四万十川上流など高知県内3河川で鮎漁解禁!

time 2015/05/15

四万十川上流など高知県内3河川で鮎漁解禁!

物部川、新荘川、そして四万十川上流で5月15日から鮎解禁ですね
この時期、続々と鮎の解禁情報が流れています。

高知県では、まず、この3河川が第1陣の解禁です。
第2陣は、仁淀川などで6月1日からですね。

sponsored link

高知県内3河川で鮎漁解禁

今年も高知県内で、鮎の季節がやってきました。
まず、第1陣として、5月15日に物部川、新荘川、四万十川上流の3河川で鮎漁が解禁されます。

これらの河川のどれもが、今年は魚影も濃いようです
18センチ級の良型も確認されているみたいですね。

物部川

物部川は、午前5時から杉田ダム下流(ここは禁漁区もあるので注意が必要です)で、鮎の友釣り、そして疑似餌釣りが解禁となります

物部川漁協によれば、今年は昨年よりも魚影が濃いそうです。
天然遡上の鮎が昨年の2倍以上の132万匹超だとか…

凄いですね!

132万匹、これは天然遡上の数ですからね。
物部川漁協では、ここ最近5年間は、放流を行っていないそうです

それでいて、これだけの数。
それだけ河川の状態も良いのでしょうね。

5月6日と10日に、特別採捕を行ったそうですが、その時は15~16センチの個体が多く釣れていたみたいですね。

漁協によると、今年の若アユは、個体としては例年よりも小さいけれど、型が良いとのことです。
そして、先ほども言ったように、数も多くて、疑似餌また友釣りどちらでも釣果は期待できる年だとしています。

今年は、解禁エリアの全域で好釣果が望めるんだとか。
もちろん天候とか水の状況次第ですが、1日40~50匹は狙えるんじゃないかと!

ピークは、梅雨明け頃からで、秋頃まで、今年は長く楽しめそうですよ^^
杉田ダムより上流は、7月1日に解禁されます

物部川漁協

物部川漁業協同組合
〒782-0016
高知県香美市土佐山田町山田1865番地
TEL:0887-53-3224
URL:http://monobegawa.sakura.ne.jp/

年券 7,000円
日券 2,000円(釣り券のみ)
玉じゃくり 7,000円(年券のみ)
網  11,000円
特老 3,000円(70歳以上・年券)
肢体不自由者 3,000円(年券)
80歳以上 500円(年券)
中学生以下 無料
※共通魚券なので対象魚種全てに利用可能(アユ、アマゴ、コイ、ウナギ)。
年券や特老、80歳以上の方、また肢体不自由者の方については、年齢を証明できる免許証・保険証・障害者手帳を持参してくださいとのことです。

新荘川

新荘川でも午前5時から禁漁区を除いた全ての区域で、友釣りと疑似餌釣りが解禁になります

新荘川漁協でも、釣れるように対策を行っています。

新荘川漁協では、8年連続で落ちアユ漁を禁漁にしていました
その効果、そして春先に水量が非常に安定していたこともあってか、例年よりも天然遡上の鮎が多く、魚影も濃くなっているようです

どうやら今年は、解禁当初から楽しめると、漁協では見込んでいるみたいですね。

サイズ的には、15センチ前後の個体が中心となるみたいです。
5月10日の特別採捕では、新土居で18センチ級の良型が結構上がったそうです。

特に魚影が濃かったのは、長竹橋~かわうそ自然公園付近までだそうです。

また、疑似餌のポイントは高保木渕周辺
そして、友釣りは落合橋から上流が良いとのことです。

あと7月1日からは、餌釣りと網漁の解禁になります

sponsored link

新荘川漁協

新荘川漁業協同組合
〒785-0009
高知県須崎市西町1丁目14-2
TEL:0889-42-7886
URL:http://www.kiddy.co.jp/ayunip/kooti/sinso_new.html

年券 7,000円
日券 2,000円
特老 3,000円(70歳以上)
身体障害者 500円(年券)
70歳以上 5,000円(年券)
中学生以下 無料

四万十川上流淡水漁協

四万十川上流に関しては、家地川ダムから上流で友釣り、そして、家地川ダムと高岡郡四万十町の上秋丸の間でしゃびきが日の出とともに解禁になります。

四万十川上流淡水漁協は、積極的に稚アユの放流を行っていて、約10センチ前後の稚アユを中土佐町大野見、そして四万十町の松葉川地区、窪川地区に計約2.2トンも放流しています

それらが大きくなって現在では、15~17センチほどになって、大野見地区にある久万秋沈下橋や三ツ又橋付近で確認されています。

そして、上流の荒瀬橋付近においても、稚アユの群れが確認されています。

魚影は、非常に濃いということです

また、松葉川地区においては、栗の木大橋丸山橋、そして小松歩危などの場所がひとつのポイントになりそうだとのことですよ。

特に、大野見地区では、一定の釣果が期待できると、四万十川上流淡水漁協では、感じているとのこと

四万十川上流淡水漁協

四万十川上流淡水漁業協同組合
〒786-0008
高知県高岡郡四万十町榊山町7番12号
TEL:0880-22-1673
URL:http://www.kiddy.co.jp/ayunip/kooti/simantoup_new.html

年券 8,000円
日券 2,000円
網  11,000円
日券(網) 4,000円
満70歳以上 11,000円(網漁・年券)
      4,000円(竿漁・日券) 
肢体不自由者 3,000円(竿漁・年券)
      11,000円(網漁・年券) 
80歳以上  無料(年日券、但し網漁は正規の料金)
中学生以下 無料(年日券、但し網漁は正規の料金)

以上、簡単ですが、3河川について書いてみました。

濃い魚影の中での釣り、本当に楽しみですね!
たくさん釣れることを祈っています。

sponsored link



アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング参加中!

ポチッとして頂ければ、飛び上がって喜びます^^


フライ ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村