初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

流氷ツアー2015まだまだ人気!

calendar

reload

流氷ツアー2015まだまだ人気!

流氷ツアーって本当に人気あるんですね。
特に最近では、海外からのお客様が多いのだとか…。

それにしても、あのマイナス5℃の水中に入って寒くないのでしょうか?
私なら耐えられそうもありません(汗)

でも幻想的な世界なのでしょうね。

スポンサーリンク

まだしばらく続けられる流氷ツアー

流氷ツアーでは、流氷を実際にガリガリと砕いて、進んでいく船に乗ったり、列車で車窓から大パノラマの雪原を楽しむなんてツアーも(流氷ノロッコ号ツアーですね)ありますが、最近では流氷ウォークなんてのが人気だそうです。

実際に流氷の上を歩くんですね。

なんか酔っちゃいそうですが…。

普段はどう考えたって、流氷の上を絶対に歩くことなんて出来ないですもんね。
ましてや個人でそれはなかなか難しいでしょうし…。

ツアーに頼らざるしかないでしょうね。

まだ、上手くいくと4月まで楽しめそうですね。
ここ最近の北海道の天気は、なんとも予測が付きませんが…。

おっと!
言い忘れてましたが、普通の格好をして歩きませんよ。

ちゃんと落ちてもいいようにダイビング用のドライスーツを着て歩きます。
必ず落ちるみたいですから(汗)

動画中でも落ちてましたね(汗)
気を付けましょう!

流氷の下ってどんなんだろう?

sponsored link

マイナス5℃の世界。
どんな感じなのでしょう?

もちろん、私は陸上でのマイナス5℃の世界は知っています。
でも、流氷の下でのマイナス5℃の世界って知りません。

どんな世界なのでしょうね。
きっと幻想的な世界なのだと想像します。

でも、水の中に入ると唇に刺すような痛みが走るのだとか…。
なんとなく分かります。

水に入って無くても、夜中に外に出ると顔が痛いときがありますから…。
それに吐く息で、鼻毛が凍ります…。

そんな中で水に入る人が結構いるんですね~
好きなんですね^^

私の友達にもいますよ。
夏でも冬でもダイビング命!みたいな^^

流氷の下には、きっとクリオネが…
先日もクリオネの記事を書きましたが、ちょっとビックリでしたね。

流氷ダイビングの様子です。
これなら、冷たくないから良いかも^^

クリオネいましたね~^^

やっぱり泳いでいる姿は、かわいいですよね。
でも、クリオネが餌を捕る瞬間は…。

今年は、いつまで流氷が見られるでしょうか?
ちょっと今年は暖かいですからね。

早めに流氷いなくなっちゃうかもしれません。
月末まではいて欲しいですね。

今年も、ガリンコ号もオーロラ号も出航はしたけれど流氷がない…。
なんてこともあったようです。

とくにガリンコ号の方が多かったみたいですね。

ツアーを組んでいる場合は、乗るしかないですものね。
流氷のない海をクルーズ…。

でも、こればかりは自然相手仕方の無いことでもあります。

まだ流氷は、まったく無くなったわけではないようなので、まだ可能性はありますね。

もし、流氷ウォークにご興味がおありであれば、下記までご確認下さい。

〒099-4355
北海道斜里郡斜里町ウトロ東284
知床ナチュラリスト協会
TEL:0152-22-5522
FAX:0152-22-5524
URL:http://www.shinra.or.jp/index.html

大きな流氷見られると良いですね。
そして歩けたら、なお最高ですね^^