初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

各地で渓流解禁!釣果は上々!

calendar

reload

各地で渓流解禁!釣果は上々!

3月1日各地で渓流が解禁を迎えましたね。

解禁と言えば、就職活動も解禁だとか…。
その話しは置いておいてと(汗)

ヤマメやアマゴのあの綺麗なパーマークが見られるのですね。
実に羨ましい!

スポンサーリンク

3月1日本州では解禁ラッシュ

解禁当日とあって結構な賑わいを見せていたようですね。

早戸川

神奈川県の中津川水系早戸川などでは、他の河川よりも水温が低かったこともあってあまり釣果は延びなかったようですね。本番は4月からだそうです。

奥道志川

山梨県の奥道志川では、気温5度、水温がそれよりもちょっと高くて6度で、暖かなスタートだったようです。当日は、300人ほどが入川して各々のポイントで釣りを楽しんだそうです。いいですね~。

ここでは、制限匹数を設けられていたみたいですね。20匹が制限。でもそれ以上に釣られた人が多数居たとか…。サイズ的には、18センチから22センチとまずまず。

ゴールデンウィークまで、週末に放流を重ねていくそうですよ。
週末がチャンスと見るか、週末開けをチャンスと見るかで釣果が変わってくる感じですね。あなたは、どちらに掛けますか^^

葛野川

こちらも山梨県葛野川。今シーズンは、本流に成魚放流を行っていたようで、その成果がちゃんと現れたみたいです。なんだか、平均で10匹、最高に釣った人で100匹を超えたんだとか…。

もう面白くてたまりませんね。たぶん、その人笑いが止まらなかったでしょうね。でも、きっと回りからの視線も気になっていたのでは?

ここもサイズは、16センチから26センチ。結構大きなものもいたんですね。26センチなら、なかなか楽しめますね。

鬼怒川

そして栃木県鬼怒川水系。言うまでもない有名な川ですが…。
なんと510人もの人が集まったそうです。やっぱり人気ですね^^

この日、1日の気温は2℃、でも水温は7℃もあったんだとか…。それでも釣果は、今ひとつだったみたいですね。15センチから18センチくらいのものが平均で10匹、最高で30匹だったそうです。

そりゃあ、500人以上も入れば、パイの取り合いですもんね。でも、これから水温が上がれば釣果も期待できるそうです。

河津川

静岡県の河津川。気温高かったんですね。他とは比べものにならないくらいで、11℃もあったようです。水温が12℃。釣果に関しては、それほどでもなかったみたいですね。ただし、大物が釣れたようです。34センチ!羨ましい^^

sponsored link

興津川

こちらも静岡県の興津川。気温、そして水温ともに10℃未満。まあこの時期にしてみれば、北海道からすれば、暖かいと言えますが…。寒い日だったようです。

なので、入川者もあまりいなかったのだとか…。
30人くらいだったようですよ。私からすれば釣り放題じゃんと思いますが、釣果もあまりよくなかったみたいですね。ここも、これから水温が上がってからが勝負でしょうね。

天竜川

天竜川でも50センチクラスのニジマスが結構な数釣れたんだとか…。
羨ましい…。

この天竜川では、アマゴを400キロを放流。そして、今後3月4月にも、また放流をするそうです。放流は去年から始まっていて、サツキマスの幼魚に関しては、1.8トン、ニジマスは、4.9トンの放流をしているそうです。

この数字って凄くないですか!?
聞いてビックリです。それでも魚影が少ないって言われるのは、なぜなんでしょうねぇ~。私には不思議でなりません。

芦ノ湖

知らない人はいないであろう、神奈川県芦ノ湖。
なんだか、今年は特別解禁は天候不順で中止になってたみたいですね。

その代わり、3月1日を1日限りのルアー・フライ限定解禁大会としたみたいですよ。そして、通常解禁は3月2日。12月14日まで解禁です。

やはり湖だけあって大物が潜んでいます。
第1投で50センチのニジマスをゲットした人がいたとか…。
最大で72.5センチのニジマス。ブラウンが52センチ。サクラマスが45センチ。

私は、芦ノ湖にはあまり良い想い出がないので(汗)

良いですね~!!
私も早く釣りに行きたい!

でも、その前にフライを巻かなきゃ…。
この間も言ったような気が(汗)
有言不実行の私です。