初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

フライフィッシング入門者が気をつけるべきキャスティング

calendar

reload

フライフィッシング入門者が気をつけるべきキャスティング

フライフィッシング入門者が、フライフィッシングを始める際に一番大事なことは、やっぱりキャスティングができるかどうかで決まってくると思います。

キャスティングが上手になって、綺麗なタイトループが描けると、人から見てかっこいいのはもちろんですが、釣果にも響いてきます。

スポンサーリンク

フライはまずポイントに落とすこと

考えてみてください…。

魚のいるポイントへ、餌であるフライ(疑似餌)をきちんと落とせるかどうか? フライを魚の目の前へ持って行ければ、きっと魚はフライに何らかの興味関心を示すことでしょう。

興味を持てば、なんだろうと近寄ってくることでしょうし、ん? 餌かな? と思えば、カプッと、そのフライを咥えて確かめることでしょう。

でも、魚のいない場所にフライを落とした場合はどうでしょうか?
きっと魚には、フライが流れてきたことすら分からないでしょうね。だから、まずはフライをポイント(魚のいるらしき場所)に落とす事が先決です。実際には、ポイントの数十センチ~数メートル手前に落とすのですが。

ですが、決して練習に練習を重ねて上手になってからフィールドに出るなどと言うことは、考えなくてもいいと思いますよ。

私自身、もうフライフィッシングを初めて5年くらいなるのに、未だにかっこのいい理想的なループは描けてません。どちらかと言うと、本当に格好の悪いループを描いています。でも、釣果は管理釣り場でも、渓流でも0で帰ってきたことはありません。

本当は、格好の良いループが描けると、もうちょっと釣果も上がるかもしれないのですけれどね。

でも、実際の渓流では、フルライン(30メートル前後)を出すことはほとんどありません。出しても10数メートルではないでしょうか?
私は、へたっぴなので。3番のラインではフルラインは絶対に出せません。6番でもやっとと言うところでしょうか…。上手な人は、女性でも3番でフルラインを出せる人は知っています。

綺麗ですよ。
あっ! ラインがです^^
いや! 失礼。お顔も非常に綺麗な方です。

老婆心ながら、キャスティングで気をつける点を上げるならば、やはり基礎をきっちりと学ぶしかないでしょうね。と言ってしまえば、それで終わってしまいますね(汗)

キャスティングは管理釣り場のスタッフに学べ

自分が何を求めるかで違ってくるのではないでしょうか?
ただ単に釣りを楽しみたいだけならば、キャスティングにそんなにこだわりを持たなくても良いでしょうし、絶対にフルラインを投げてみせるという意気込みでいらっしゃるのなら、誰か師匠について学んだ方が良いと思います。

そしてどうせ学ぶならば、沢山の人を教えてきて、実績のある方から学びたいですね。でも、それを知るのはどうやって知ればいいのか、とんと検討も付かない方も多いのではないでしょうか?

それに近くに教えてくれる場所も無いなどという場合も多いでしょう。

一番、早いのは、管理釣り場でスクールをやっているところのスタッフに教わるが早いです。多くの初心者を教えてきているスタッフがいることが多いですし、キャスティングスクールが終わったらすぐに実釣に入れるのがいいですよね。

ただ、本当に身についているかと言えば、どうでしょう…。
一回だけでは難しいと思いますが、効果はあると思います。

管理釣り場に行くときには、事前にキャスティングスクールみたいなものをやっているのかどうかを確認してから行かれるのがいいのではないでしょうか?

たいていの管理釣り場では、スタッフさんに頼めば、キャスティングも教えてくれるはずです。

スクールをやっているところは、お金も一日券や半日券(その管理釣り場によっては時間制)以外にかかります。ですが、キャスティングスクールを開催しているところは、大体が釣り料金込みの値段だったりします。

ネットで調べれば、色々と出てくると思います。

たとえば、
「管理釣り場 フライキャスティング教室」http://goo.gl/ZPSPXx
「管理釣り場 フライフィッシング教室」http://goo.gl/3bW74M
などでgoogleやYahoo!、Bingなどで検索をかけてみてください。

また、フライフィッシングなどのプロショップでもフライキャスティングスクールは開催されていることが多いです。

sponsored link

近場に管理釣り場やプロショップがない場合

近場に管理釣り場や、プロショップなどがないと言う方は、ネットで動画などを見て勉強されるのも一つの手だと思います。

私は、昔の人間ですから今流行のDVDやBlu-rayではなく、ビデオで勉強した口です。
色々な講師の物を5本くらいは見たでしょうか。
何度も何度も見返しました。

私は、ほとんど独学と言ってもいいです。
だから上手くない^^

今度、機会があれば、プロの方に基本から手ほどきを受けたいですね。
絶対に教えて貰う方が、多少はお金がかかろうとも上手くなるのは確実です。そして練習量が物を言います。でも、ただ単に練習を重ねても上手くはならないと思います。きちんと目標や目的を持ってやることが大事です。

なんでもそうですが、「ただほど高い物はない!」と言われます。それは、私も経験上本当だと思います。

本格的に、そしてフライフィッシングを上手くなりたいのならば、恥を忍んで教わるべし!
こんな所に格好を付けても何もなりません。

後々を考えれば、本当に安いものです。