初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

北海道の夏の洞爺湖でヒメマス釣り解禁!!

time 2015/06/13

北海道の夏の洞爺湖でヒメマス釣り解禁!!

北海道の洞爺湖と言えば、ヒメマス、そしてサクラマスともに大物が釣れることで有名ですよね。

そんな洞爺湖のヒメマス釣りだけじゃないですが、夏の部解禁です!!

sponsored link

洞爺湖ヒメマス釣り夏解禁!

洞爺湖は、年に2回解禁があります
夏と冬ですね。

洞爺湖の夏解禁は、6月1日からです!

洞爺湖ヒメマス釣り解禁期間と遊漁案内

解禁期間:6月1日~8月31日
※ただし、船釣りに関しては、資源の保護のためと言う名目で、6月1日~6月30日の1ヶ月間の限定となっています。陸釣りに関しては、6月1日~8月31日まで可能です。
遊漁時間:AM4:00~PM7:00
遊漁料:1日券 1,200円(陸・船共。漁場監視員から遊漁券を購入する場合は、1,500円)
    6月1ヶ月のみのシーズン券 10,000円
    年券 20,000円
※ヒメマス、サクラマス、ニジマス、コイ、フナ共通
※解禁期間でも、禁漁となっている区域もありますので注意が必要です。

解禁期間でも禁漁となっている区域や大きさ制限、遊漁券の販売所、洞爺湖の釣りポイントなど、より詳しい事は、「北海道で12月に解禁になる釣り場はここ!」を参照して下さいね。

こちらでは、洞爺湖の釣りに関して、もうちょっと突っ込んで、より詳しく説明しています。何か、参考にして頂けるかと思います。

洞爺湖漁業協同組合

名称:洞爺湖漁業協同組合
所在地:〒052-0105
    北海道有珠郡壮瞥町字仲洞爺123番地
TEL:0142-66-2312
FAX:0142-66-2474
URL:http://www.ltfa.info/index.html

sponsored link

ヒメマスと洞爺湖内水面漁業

洞爺湖の漁業権をもっているのは、洞爺湖漁業組合。

組合では、明治26年以来、阿寒湖からヒメマスの卵を取り寄せて人工孵化して、洞爺湖へ放流を試みて来ましたが、なかなか上手くいかず、孵化放流が順調に出来るようになったのが、最初に放流してから、25年あまりたった大正8年頃からだったみたいですね。

最初は、放流した稚魚の数が少なくて、放流した稚魚が他の魚の餌食になったり、他の魚と一緒に漁獲されてしまったと言うのが理由だそうです。

これに反して、先日記事にした、支笏湖では順調にヒメマスが生育したようですね。

支笏湖では、順調に生育したため、明治31年に1,753尾のヒメマスの親魚を捕獲。そして、採卵。
これが成功して、大沼、中禅寺湖、十和田湖などに卵を送って、ヒメマスの『母なる湖』として注目されるようになったらしいです。

もし、洞爺湖でこの試みが成功していれば、立場は逆転したかもしれませんね

でも、これももし…
たならば、の話しですから、なんとも言えません。

今は、こちらの洞爺湖の方が、魚の大きさは上のようですから、ビッグフィッシュを釣りたい場合には、みなさん洞爺湖に詰めかけます

但し、釣れるか釣れないかは、時の運とも言われます^^

船上からの解禁もあと少し、どれだけ通えるかが勝負ですよね!!

釣果期待しています。

sponsored link

公式スポンサー


フライフィッシング用品の通販なら river peak さんで購入するのはどうでしょうか?

魅力的な商品が安く取りそろえています。特にフライラインがお勧めです。

ぜひ、覗いて見てくださいね。



アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング参加中!

ポチッとして頂ければ、飛び上がって喜びます^^


フライ ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村