初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

スマホ用アプリと連携した魚群探知機が大活躍!

time 2015/02/20

スマホ用アプリと連携した魚群探知機が大活躍!

最近は、スマホ率が本当に高くなりましたね。
右を見ても左を見てもスマホ…。

でも、スマホからガラケーに乗り換えるなんて逆転現象も起こっているなどと言う話しもチラホラ…。

今のスマホってなんでも出来ますね。
私もスマホと言うかiPhone5sを使っていますが、ええ6ではありません(汗)

いろいろとアプリを入れすぎて何が入っているんだか、分からなくなっている状況だったりします。

ホントに便利で機能が多いだけに使いこなせない、そんな自分がいたり…。

また、話しがずれていきそうですが、スマホで魚探の話しですね。

sponsored link

スマホ用の魚探がなかなか性能が良いらしい

スマホ用の魚探の特徴は、やっぱり手軽さでしょうか?
今発売されているもののほとんどが、ボール状のものですね。

で、最近?発売されたものは、値段は結構するのですが、製品的には、非常に良い感じです。

Deeper ワイヤレススマート魚群探知機

フォーカルポイントと言うところで扱っている、Friday Lab社製の魚群探知機で名前がDeeper ワイヤレススマート魚群探知機と言うのですが、海外製です。

でも、品質に関しては、折り紙付きらしいですよ。

写真を見ても分かるように、本体は非常に小さいです。
直径65ミリ重さも100グラムと手のひらに収まる、本当にコンパクトな球体の魚群探知機ですね。

これなら、釣りのベストやバッグなどに入れて持ち歩いても邪魔にはなりませんね。

水面にこの球体を浮かべるだけで、水面下の底の形状とか魚の位置、そして水温や水深などの情報も探知することができます。

Deeperと言う専用アプリをスマートフォン側にインストールしておくと、この丸い探知機が探知した細かな情報をBluetoothで接続して、最大で約50メートルの距離を探知することが出来ます。

そして、もちろん他の魚探と同じくグラフィックとして水深や水温、魚影、水深底の地形など、いろんな情報をスマートフォン側で見ることができます。今のスマートフォンは画像の精度も高くなっているので非常に見やすくなっています。

sponsored link

GPS機能でポイントの記録

また、スマートフォン側のGPSを利用することで、いま釣っているポイントが記録できるマップ機能と言うものもあります。

さらにさらに、この魚群探知機が探知した魚影データなどの情報をTwitterやFaceboo、google+などで共有が可能なので、釣り仲間との情報を共有することも可能です。

ホントに便利な世の中になりましたね。
昔じゃ、考えられなかったです。

この先、どんな風に技術が進んでいくのか、興味津々とともに、怖さを感じているのは私だけでしょうか?

アプリのDeeper側でさまざまな設定が可能

このDeeper側では、ソナーの感度調整、周波数選択、水温表示、それと魚影アラームの設定なども行えるんです。なんだか、機能満載ですね。

使いこなすのに一苦労かもしれませんね。

また、水深に関しては約40メートル、使用できる温度の範囲は、-20℃~40℃まで対応しているので、ほとんどのところで使用可能だと思います。さすがに北極や南極では、無理かもしれませんが…。

通常のワカサギ釣りや湖ならば全然問題無い範囲だと思います。

それと充電に関しては、microUSB接続で、連続駆動時間は約4時間
ちょっと短い気もしますが、充電器があれば問題無いですね。
それに連続して4時間は、使わないと思いますから…。実用範囲でしょう。

今の時期、まだワカサギは大丈夫なところはいけます。
ただ、最近の暖かさで、氷が薄くなっているのは確かだと思いますので、管理人さんのいないところでは、本当に注意が必要です!

実際に、残念な事故が起こっています…

こちらの氷上ワカサギ釣りでの事故に十分注意しましょう!!も参考にしてみて下さいね。

用心に超したことはありませんからね。

sponsored link

公式スポンサー


フライフィッシング用品の通販なら river peak さんで購入するのはどうでしょうか?

魅力的な商品が安く取りそろえています。特にフライラインがお勧めです。

ぜひ、覗いて見てくださいね。



アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング参加中!

ポチッとして頂ければ、飛び上がって喜びます^^


フライ ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村