初心者のためのフライフィッシング入門ガイド

フライフィッシング初心者でも気軽に楽しめる渓流釣りや管理釣り場などの情報満載の入門サイトです。

新種の生物発見か!?おたる水族館で特別展示!

time 2015/02/12

新種の生物発見か!?おたる水族館で特別展示!

北海道八雲町沖の日本海で新種の生物発見!

そんな情報が入ってきました。
また、その新種らしき生物が、北海道小樽市のおたる水族館で飼育され、そして特別展示がされているそうです

北海道でこんな生物の新種が発見されるのは、非常に珍しいのではないでしょうか?

sponsored link

北海道八雲町沖の日本海で新種発見!

その新種の生物ですが…

それは、なんと魚のカジカでした!!

このカジカ、発見されて捕獲されたのは、昨年の3月だそうです。八雲町沖の日本海で漁業をしていた、漁船に捕獲されました。

水深は、約250~300メートルの深海で捕獲されたそうです。

ある意味、深海魚ですよね

ふと、ここで疑問が…。
深海魚を、海上に上げると内蔵や目玉が飛び出ないのか…?

よく、昔、テレビなどで見たことがあるんですよ。
深海鮫を引き上げているところ…。

やっぱり目が飛び出て、内蔵も口から飛び出ているものばかりで(汗)

このカジカは、大丈夫だったのでしょうか…。
それとも、一気に引き上げるのではなく、少しずつ引き上げたのでしょうか?

その辺の情報は、ちょっと無いのでなんとも言えません。聞けよ!って感じですが(汗)機会があれば聞いてみます…。

でも、たぶん徐々に引き上げたのでは?と憶測ですが…。
それとカジカの順応力も早かったのでしょうね。

深海だから、たぶん底引き網にかかったのではと思いますが、間違っていたらすいません。なにぶん、フライフィッシングなどの釣りならある程度は分かるのですが、漁業に関してはちんぷんかんぷんだったりします。ここでも無知を晒してますね(汗)

sponsored link

新種とされる要因について

ちょうど、その捕獲された漁船に水族館の職員さんが同乗していたんですね。
そして、上がってきたカジカを見つけて、その職員さんが、きっと、んん??これは何か違うぞと思って持ち帰ったのでしょうね

そして、函館水産高校と北海道大学と共同で、このカジカに関して研究を進めて行ったらしいです。

そしたらなんだか、カジカのようでカジカでない…。
みたいな話しになったのではないでしょうか?

カジカによくある頭部にトゲもないし、ヒレを支える骨の数が少ないなど、一般的なカジカとは違った特徴を見つけたみたいです

そして、色々と照合したのでしょうね。

これは新種!!
と位置づけたようですよ^^

もうまもなく発表される論文で、新種として何らかの名前が付けられる予定になっています。

こういった新種って、ほとんどが標本にされちゃうみたいですね。標本ってことは…。かわいそうですね。新種だからこそ、生かしてと私は思うのですが…。

でも、今回のこの新種のカジカ君かさんかわかりませんが、標本にされることもなく、生きたまま一般向けに展示されることになりました。良かった…。

生きたまま展示されることって、本当に珍しいことみたいです。
それが普通になってほしいですね。

北海道の身近な海にも、まだまだ未知の生物がいるかもしれません
いや、きっといるでしょう。

北海道、まだまだいろんな話題があります。
ホントにでっかいど~、ほっかいど~ですね!

sponsored link

公式スポンサー


フライフィッシング用品の通販なら river peak さんで購入するのはどうでしょうか?

魅力的な商品が安く取りそろえています。特にフライラインがお勧めです。

ぜひ、覗いて見てくださいね。



アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング参加中!

ポチッとして頂ければ、飛び上がって喜びます^^


フライ ブログランキングへ

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村